人から言われた言葉や聞いた言葉、態度や状況に、どんな形でも反応したら・・・

自分の中に同じような周波数があるということになるそうです。
 
同調する周波数。
いわゆるチャンネルがあってしまう状態。
それに意識が向くということは、そういうことなんです。

同じ周波数、同じ感覚を持っているということになるんですよね。

だって興味がなかったら、そのチャンネルは通り過ぎてしまいますもんね。
 
だから、どんなにそこが嫌だと思っていたとしても、

自分の中にも同じ周波数を持っているということなので、

嫌であれば手放すことが必要になります。
 
嫌だと思いながら、気になるって
しっかり自分がチャンネルあわせにいっているだけなんですよね。
つまり・・・
 
だから同じ周波数であることを一度受け入れてしまうことが大切。

受け入れることで心の落ち着きをとりもどし、そこから静かに手放す。
 
ひとつひとつに反応することで
不安になったり心に乱れが起こるそうです。
 
もし、そうなったら、
そうなっている自分を冷静にみつめ
受け入れて手放す。
  
ゆらゆら揺れる心
しっかりその状態を自分が理解することが大切。
 
・・・そう、そうやって意識することで、

変わっていくものがきっとたくさんあるんですよ。

自分が成長するためにはたくさん自分と対話をする。

自分を自分で知る。

そして、自分の中の不要なものを手放していけるようにしていきたいですね。
 
それが成長なんです。
そして、それを気づかせてくれるのは
いつでも、どんな形であれ
周りにいる誰かなんですよね。
 
だから、どんなことにも感謝が大切。
感謝は穏やかな心を与えてくれるんですよ。