今の状態が
すべてではないんです。
物語には続きがあって
その先に必ず
意味するものがある。
そしてその続きを作るのは
誰?
 
苦しい時期を過ごすこともあります。
そして、この先にどんなことが待っているか
わからない。
 
だけど、この物語の続きはどんな風にもすることも
簡単にできてしまう世界があるんです。
 
例えば 
コツコツと積み上げ大きくすることも
その積み上げたものを一気に壊すことも
または、積み上げたものをたくさんの人に分け与えることも。
 
自分がどんな風にしたいかを思い描くことさえできたら
物語はどんなものにもなるんです。
 
たくさんの夢と
少しの勇気だけで

思い通りの世界がその先に広がっているなんて
本当に素敵な世界です。
 
今、わたしたちがいるこの世界は
そんなことが出来てしまう世界だって
知っていましたか?
 
 
今日、そんな風に自分の夢に一歩近づけた方とお話する時間がありました。

それまでの長い道のりを振り返り、何度も何度も自分がどうしたいのか、

自分との対話を繰り返し、やっと先が見えてきた、というか、

わたしからしたらもう夢を手に入れたような状態に感じました。

あとは、その夢を大きく膨らませ、大空へと飛び立つ瞬間を待つのみと言った感じでしょうか。
 
その直前にも様々な葛藤があったそうです。
決めたことだからと思いながらも踏み出せせない不安な気持ち。

だけど、そこを勇気を持ってお踏み出した姿はとても清々しいものがありました。
 
こうしたいという思いはあっても、なかなか思うように進めず、

その中で軸がぶれてしまう瞬間があります。

だけど、ある程度形ができてしまえば、例えブレても振れ幅の分、幅が広がるのだと思います。
 
上へ上へと伸びるだけでなく
ブレることでしっかりとした幹が育つのではないかと。
何度もそんなことを繰り返しながら、しっかりとした大木が出来上がるのだと。
  
ブレる
揺れる
 
成長過程に起こる必要な現象。
それによって、どんどん強度が増していくのだと思う。
 
そう、昨日も書いたけど
 
不安、ありがとう。
迷い、ありがとう。
 
人はそうやって日々成長しながら物語を作り続けているんだと思います。