20年近くの付き合いのある友達のお誕生日。

マヤ暦でみたらすごくいい時期に来ていることを知り、

これは、ぜひメッセージでお伝えしたいと思いつつ数日が過ぎてしまったのだけど、

先日、しっかりLineでお伝えすることができました。

 

20年近くの付き合いと言っても

最近会ったのは確か5年近く前。

 

前はわたしは埼玉県、友達は東京に住んでいたので

会いたいなと思ったらいつでも会えたのだけど、

ある時期に実家に戻ったことで、なかなか会うことができなくなってしまったんです。

 

でも、それでも繋がっているって

逆に近くにいて繋がっているよりも

より強い繋がりを感じてしまうのはわたしだけなんでしょうか。

 

時々しかLineしたりしないけど、

以前と変わらず楽しく話をしたり

しっかり者の友達は毎年欠かさず年賀状を送ってきてくれる。

 

なんだか素敵な関係だなってわたしは思っているんです。

 

その友達は

 

KIN222 白い風 白い風 音1

 

美輪明宏さんと同じKINナンバー

 

白い風というなんとも繊細なイメージの紋章ですが

本当に風のように繊細な感覚を持った

やさしい人です。

 

だけど、時に突風が吹き荒れ心が乱れることも。

だから、時々どうしているかな?と気にしていました。

 

音楽が大好きでDJをしたりしていた彼女は

元々はフルート奏者。

 

白い風と音楽はとても相性がよく、

風に乗せ何かを伝えるようなメッセンジャーとしての役割もあります。

 

白い風とあのフルートの繊細の音色は本当にぴったりですね。

 

そんな彼女は今年「赤の時代の3年目」

社会との関わりがどんどん増えていくような年

逆に家になんてこもっていられないような時代の中にいます。

 

あまり積極的に何をするような感じではなかったので、

エネルギーのコントロール上手にできているか心配していました。

外にエネルギーが向けばいいのだけど・・・

 

Lineでは赤の時代にあることをまず最初に伝えたました。

 

3年くらい前から忙しくなってない?と聞いていみると

ちょうどそのころからペットを飼うようになって、その世話に追われるようになったとのこと。

そして、いつしかそれが自分のライフワークとなり、今はペットに関する資格に興味を持っているとのことだった。

 

そこからもう、白い風さんの特徴

伝えたい衝動からたくさんのことを話してくれました。

 

って、とても普通のことで、取り立ててブログにすること?ってなると思うのですが、

実は、わたしが良く遊んでいたころの彼女とは別人かと思うくらいの変わりようなんです。

 

こんなに自分からいろんなことを発信してくれるタイプではなかったです。

常に受け身で相手の様子を伺ってばかりで、静かにしていることで何かを守っているような人でした。

 

それが、今こんな資格があって、これに興味があるんだとか、こんな資格も取得してみたいなど

自分が行動するための話をしてくれたわけです。

 

この数年で何か自分が変わるような経験を積んだのかな?と思い聞いてみたら

ペットが来たことで、ペットが自分の子供になったといっていました。

 

何か使命のようなものを感じたんでしょうか

そして、きっとたくさんのことを感じ

考えたんだと思います。

それは自分の内面的なことも含め。

 

やっぱり変われるひとは

しっかり見つめる作業を行っているんだと思います。

そして、心の声をどれだけ聞けているか。

その声に従い行動するだけで人生は一変するんです。驚くほどに

 

だから今まででは考えられないくらポジティブで

そして前に進もうとするエネルギーを感じることができました。

さすが赤の時代。

 

どんどん社会と関わり、彼女自身の良さがさらに磨かれていくのではないかと思うと

楽しみでしかたがありません。

 

波に乗りきっと思う通りの人生を歩んでいってほしいです。